cooking-u-blog ぐぶろぐ

毎日食べるから、毎日更新。
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2006.11.21 知恩院&清水寺・夜の特別拝観 | main | 2006.11.23 新作ジャム >>

2006.11.22 京都観光一段落


秋の京都観光も一段落。
三日連続のアルコールも今夜はなしで、普通ごはんにシフトです。
・うおぜの塩焼
・ジジ作大根葉とジャコの炒め煮
・ジジ作大根おろしとジジ作ほうれん草&じゃこのポン酢和え
・雲母漬け
(ジジ作=父が作った野菜)

雲母は「きらら」と読みます。ご存知でしょうけど。
一昨日訪れた一乗寺界隈「雲母漬老舗 穂野出」さんの小茄子を白みそで漬け込んだ「雲母漬」で御飯もすすむ。
デパ地下にもなく、地方発送もしない。行った人しか買えないというのが貴重さを演出です。

大根葉の炒め煮で御飯もすすむ。
大根辛くて、御飯もすすむ。

おうちでごはん2006年4/4半期 | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

先日行かれた、赤山禅院に雲母不動尊がいらっしゃいます。
東山山麓にはそれぞれの谷にお不動さんがおまつりされていて、
禅院のすぐ横を流れる谷川が雲母川というところから、
そのあたり一帯に「キララ」という名が多いのではないかと、勝手に思っています。
学生の頃、近くに住んでいてよく散歩しました。
今も年に数回お不動さんにはお参りさせてもらっています。
N.N | 2006/11/23 11:55 AM
学生時代に近くに住んでいたとはいえ、今も年に数回もお参りされているところとは!
赤山禅院・・・私、初めてでしたが、実はとても好きになっております。
だから「とても好きだ!」とは本文に書かなかった。ちょっとでも人が増えるといやだから。

私の父方の祖父が工芸繊維大の前身を卒業していたことを、今回父から聞いて驚いています。
若い頃の祖父も雲母川の界隈を歩き、赤山禅院をお参りしていたにちがいありません
♀ | 2006/11/23 1:42 PM
うわーっ、大先輩ですね!
もし図案科卒なら、容子さんのセンスも納得。血ですね、血!
赤山さんは、ちょっと怪しい雰囲気が好き。
大阿闍梨様にも会うことができます。
N.N | 2006/11/23 1:52 PM
コメントする


※任意です

※任意です




この記事のトラックバックURL
http://cooking.mdl.oops.jp/trackback/415793
この記事に対するトラックバック