cooking-u-blog ぐぶろぐ

毎日食べるから、毎日更新。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 20120602 4年ぶり | main | ゆすら梅のジャム >>

20120603 茶摘みに行って来た

 
新茶には少し遅いけれど、宇治田原で茶摘み体験をしてきました。
友達の子どもちゃんとお姑さんと、めずらしく土日に予定がなかった我が娘とも一緒にね。

午前中は茶摘みに励み、お茶づくしのお弁当の後は、摘んだお茶を家庭でお茶にする方法を習い、茶歌舞伎なるお茶の種類あてゲームやら、甜茶を石臼で挽いて出来たばかりの抹茶でお薄を点てたりのお茶三昧。
帰ってからも、お茶の葉を天ぷらにするわ、三時間もかけてお茶を手もみするわで、ああーあ腕が疲れた。。。

▼お昼はお茶づくしのお弁当
 
▼夜はお茶の葉と破竹と貝柱のかき揚げ
 

さてさて、家庭で作るお茶は、けっこう大変な作業だったので
またやるかどうかは別として、一応メモメモ。
▼お茶の葉、生の状態で485g也。山盛り。
これを最高温度に熱したホットプレートに入れて
 
▼水を上からかけて蓋をし、数分蒸す。
 
▼蒸したお茶の葉をキッチンペーパーにあげて、水気を軽くとって
 
▼保温に設定したホットプレートに再び戻す。
まだ熱いので、軍手をはめて葉っぱをもんでいく。
 
▼葉っぱを手のひらで撚り合わせる感じ。
あら熱が飛んだら、素手で。これをかれこれ二時間!!
モデルの手は、お茶づくりを途中棄権した娘の。若いと手がきれいやなあ。
 
▼二時間くらいも揉み続け、それでもまだ葉っぱの原型が残ってるのがたくさんあるけれど、しんどいぞ。
あとは、保温状態のホットプレートで乾燥させる感じ。
 
▼湿り気がなくなったところで、完成。110gのお茶の出来上がり。
常温になってからジップロックに入れて、なるべく空気に触れない様に。
お茶は冷蔵庫や冷凍庫で保存してはいけないのだ。

▼さっそく、淹れてみる。
うん、苦みが少なく、旨味そこそこ。
さわやかな香りと味のお茶が出来上がり!
 
宇治支部の皆様、ありがとう。
イベント | permalink | comments(2) | -

この記事に対するコメント

お茶は、日本人の心。
茶摘みいいかも。

お茶づくしのお弁当、
見たからして何かが違う。
お上手!

narataku | 2012/06/07 3:25 PM
うちのバーバとチビがお世話になりました。とても楽しかったらしいです。
私も行きたかったなー。
茶揉みは、腕に身が入りました。
N.N | 2012/06/08 11:57 AM
コメントする


※任意です

※任意です